2017-08

より漫画チックになった・・スパイダーマン・ホームカミング

スパイダーマンIMG_0093

最初は ややもたれたんですが・・終わってみれば 中々楽しかった

今回のスパイディーは 何と15才の設定

確か キャプテンアメリカに 出ていたわね  小柄で ミーハーチックで(笑)

[ わぁあ~あれがキャプテンアメリカ?  アイアンマンなの? カッケ― ]

・・・と吠えていたと思います(笑)   青春学園物のスパイダーマン

初代のトビー君は 人間味があって 色々苦悩もしていたけど

今回は まだスパイダーマンを見習い中修行中で アイアンマンが後見人(笑)

友達のネッドとは 絶妙のコンビで笑える

スパイディを演ずるトム・ホランド  イギリスの俳優で

ミュージカル・ビリーエリオットにも 出ていたんですね~

まだ15才なので 延々と続くと思います  

フレッシュで 新たな魅力を持った スパイダーマンだと思います

もう・・・アベンジャーズとか アメコミ映画大好き

スパイダーマンIMG_0094

最良のお節介・・・映画 素晴らしきかな人生 (^^♪

素晴らしきIMG_0061

ウィル・スミスの映画 素晴らしきかな人生 を観ました

全てを失ったと 思っても また構築できる 希望がある

冒頭のドミノ倒しのシーンが この映画を象徴している

最愛の娘を失い 悲嘆にくれるウィル・スミスに

友人たちの 温かな思いやりと励まし

お国柄の違いかな  哀しい時に 多くの言葉はいらない

微笑んでくれるだけでいいと・・・私は思う

家族を失った時に 私は 強くそう感じた

大切な人を失った時の 哀しみと 彼を心から心配する

人びとの気持ちが 素直に描かれている良作です

レッドなどで お馴染みのツォーイおばさま 

ヘレン・ミレンが ストーリーテラーになっています

ケイト・ウィンスレッド キーラ・ナイトレイも出演

この二人が あまり物語には 絡まないので やや残念

最後のウイル・スミスの涙には・・・心が震えました

素晴らしきIMG_0065

エンターテインメントに徹した・・ザ・マミー呪われた砂漠の王女

。゚(゚^∀^゚)σ。゚トムクルCIMG0522

トム・クルーズの 呪われた砂漠の王女 を観てきました

冒頭の盛り上げ方が凄い   胸がワクワク感で

いっぱいになるように 巧く演出されています  

超個性的な エジプト王女アマネット エキゾチックな美貌で

宝塚花組の 華麗ちゃんを 思い出した  

華麗ちゃん アマネットみたいな メーク似合いそう(笑)

トムクルは 絶対に 機関銃の弾丸は 当たらないし

いつも以上の 不死身感が 凄すぎて もう笑うしか・・(*´v`)

ラッセル・クロウが 謎のドクタ―役  どういう人なのか?

いまいち解らず・・・ラッセル・クロウの無駄使い

サスペンスフルでもあり・・ゾンビっぽくもあって

要するに ごちゃ混ぜのエンターテインメントに

徹した映画なんだと思います

なんとなくですが・・続編も出来そうな感じで・・・

ワクワク ドキドキ ハラハラ キモッ・・全部揃っています(笑)

娯楽映画として かなり面白かったです

トムクルCIMG0525

スケールでっかい海賊映画・・パイレーツ・オブ・カリビアン

ジョニデIMG_3289


ジョニーデップの パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊 を観てきました

ジョニデの当たり役 ジャック・スパロウを ロードショーで 見るのは初めて

いつも DVDかTVでしたので 楽しみでした

想像を超えた スケールの どでかい映画でした  

DVDと違って 集中して楽しめた

しょっぱなから 家を一軒 引きずりながら?のアクションで…

笑えるけど 馬が可哀想

練りに練った 緻密な脚本で 約2時間飽きさせません

海が割れるシーンは 壮大です  

ジョニデIMG_3288


サラザールの俳優さん おどろおどろしい怪演技

ジョニデも 真っ青の怪しさ満載でした 怖いけど

ウィルとエリザベスから ヘンリーとカリーナへ~

メドゥーサの髭みたいな人?が出ていなかったけど

世代交代かな?  この日は 吹き替え版で見たので

楽ですが ジョニデの声の人が ちゃら男で 合わない感じだった

長いエンドロールのあと・・・次回作を 思わせるような 演出があります

ジョニデ自身は さほどの大立ち回りもないので

もっと 年を重ねても 永く続けられるかもしれません

ジョニデIMG_3287

王道派ラブストーリー・・・映画マリアンヌ

マリアンヌIMG_3217

ブラッド・ピッドとマリオン・コティヤール主演の

映画マリアンヌを観ました 大人の愛の映画です  

諜報部員マックスと 仏女性闘士マリアンヌの愛

スパイ同士の二人が ある作戦で 知り合い夫婦を 演じているうちに

・・・愛が芽生えて結婚する  が・・妻にはある疑惑が・・・

この愛は 本物なのか・・・愛するが故の疑念

疑惑を払拭できずに 悩むマックス

ブラピの哀しみと 憂いに満ちた瞳が切ない

マリオン・コティヤールの 洗練された大人の美しさ

魅せますね~このふたり

衝撃の結末は 哀しい  でも潔い 男前の美女を演じた

マリオン・コティヤールが 魅力的です 衣装も素敵

一見の価値のある 心に余韻の残る映画でした

マリアンヌIMG_3218

«  | HOME |  »

プロフィール

マライヒ☆

Author:マライヒ☆
堂本光一 霧矢大夢、古澤巌 海老蔵、劇団四季、中川晃教 京本大我♡

サッカー、ワイン、パタリロ(笑)も好き

小さな幸せをたくさんみつけて毎日を過ごしています

カテゴリ

日々の事 (700)
霧矢大夢 (143)
観劇 (211)
映画 (178)
宝塚 (64)
堂本光一 (93)
京本大我 (17)
グルメ (255)
ペット (7)
ガーデニング (16)
音楽 (36)
サッカー (210)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR